×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ > アットホーム 敷金の基礎知識

スポンサードリンク

アットホーム 敷金の基礎知識一覧

原状回復義務の具体例

「経年変化」や「通常の使用による損耗」の判断基準はあいまいといいますか明確にすることが困難で、しっかりとしたガイドラインがない為これというものはありませんが、一般的な例として以下を参考にしてください。日照りによる床や壁の変色 → 貸した人が負担 経年変化壁にあけた画鋲や釘の穴 → 貸した人が負担 限

原状回復義務の具体例の続きを読む>

どこまで直す?原状回復義務

この敷金をめぐるトラブルは非常に多く、裁判ざたになっているケースもあります。貸す側と借りる側の意見の食い違いや、きっちりと明確な決まりみたいなものがない為に問題になってしまうケースが多くなっていると言う事です。最初の契約の段階で不動産屋さんに事前に確認をしておくのがいいですね。 原状回復義務とは、賃

どこまで直す?原状回復義務の続きを読む>

敷金は全額戻らない?

 敷金は契約終了時にただの預かり金として全額返還されると思っていませんか?原状回復義務や善管注意義務によって支払わなければならないものも出てくるのです。  敷金とは、建物の賃貸借契約を新規に締結する際に、借り主から貸し主に対して、賃料の不払い・未払いに対する担保。契約に

敷金は全額戻らない?の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー